薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣社員で薬剤師の山下さんの場合(年齢 30歳、役職 一般社員、住所エリア 東京)

給与、待遇面

山下さんは多くの現場をとりあえず経験していきたいということで多くの職場を派遣社員として経験をしている薬剤師になります。年収の平均というのは350万円ほどになりますが、職場によってその待遇などは大きく違うということです。今勤めている病院薬剤師としての待遇は平均的であり、福利厚生は十分利用できるものになっているとのことです。
山下さんがお仕事を見つけたのは、さすがの『薬キャリ』だそうです。

業務内容

病院薬剤師として薬の調合、院内の患者さんへの薬の指導が主な業務となります。正社員の薬剤師と一緒に仕事をしているため、業務上正社員との差はありません。それゆえに待遇の差や、給料の差が気になってしまうことがあるようです。

過去の経緯

派遣社員を繰り返し経験してきているため、薬剤師としての多様性は経験できているようです。正社員としての道も考えたようですが、まずは多くの現場を見ていきたいということで、今の職場も派遣社員で仕事をしていることになります。

将来の目標

最終的には正社員として落ち着きたいというのが本音ですが、まずは少し我慢をして派遣社員で薬剤師の現場を見ていきたいと思っているようです。派遣社員でも勉強会などに参加ができる職場も多くあり、正社員と同じように研修会を利用していくことができる職場も増えてきているようです。

休日の過ごし方

休日は自分の好きなことをして過ごしています。そうすることで気持ち的なリフレッシュをすることができ、薬剤師としての仕事に気持ちよく望んでいくことができるようになっています。派遣なので比較的休みに自由が利くのはメリットのようです。

まとめ

薬剤師を始めとして専門家の派遣として多くの現場を見ていきたいという人は少なくありません。多くの現場をまず見てから、正社員として働ける場所を選ぼうと検討をしている人も多くいます。正社員のための前準備として派遣社員を利用していくというのも1つの手かもしれません。

ページの上部へ