薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣社員で薬剤師の北沢さんの場合(年齢 50歳、役職 一般社員、住所エリア 栃木)

給与、待遇面

北沢さんは正社員を長い間経験をし、一度一線を退いてから派遣社員として再び薬剤師として活躍をしている人になります。北沢さんはこのようなサイトを駆使して派遣としての転職を計り、正社員としての年収に比べて200万円ほど下がってしまったのですが、派遣社員の年収は300万円ほどであり、北沢さん自身はあまり不満はないようです。待遇も経験があるということで比較的しっかりしており、各種保健が揃っている状況です。

業務内容

診療所の派遣薬剤師となります。診療所であるため、それほど患者さんは多くないのですが、それでも薬の説明を丁寧にしていくと多忙な業務内容となってしまいます。それでも薬剤師としての責務を果たせることに喜びを感じていると北沢さんは語っています。

過去の経緯

年齢のこともあり一度薬剤師を退いたのですが、自分の知識をもう少し社会に活かしていきたいとういことから派遣社員として復帰をしました。

将来の目標

現状派遣社員でもしっかりと薬剤師の仕事ができているので、満足しているようです。年齢的に正社員に復帰する事が難しいこともあり、派遣社員としてどれだけ貢献できるかが北沢さんにとって大きな目標になっています。

休日の過ごし方

家族と一緒に過ごすこともあれば、友人と一緒に過ごすこともあります。薬剤師として仕事をする以外にも十分時間が確保できるので、充実した生活を送っていくことができているようです。

まとめ

正社員として十分に活躍をしてきた人が、現役を退いた後、派遣社員として活躍をすることも多く見られるようになってきました。このような派遣社員としての活動の仕方も決して悪いものではないと言えるでしょう。正社員の経験を多くの現場で活かしていけるため、人によっては大きな生きがいにもつながっていくことでしょう。

ページの上部へ