薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣社員で薬剤師の根元さんの場合(年齢 35歳、役職 一般社員、住所エリア 東京)

給与、待遇面

医薬品企業への派遣社員として年収は400万円ほどです。
大きな企業ということもあり、それなりに待遇もしっかりしているようであり、正社員と大きな変わりはないということです。ただ、契約している期間が決まっているので、その期間が終了した際には、再度そこで話し合いをし、仕事を継続していくかどうか決めていくことになります。もし継続が無理と考えたらやはりこの案件を見つけることができた『マイナビ薬剤師』を再度活用するそうです。

業務内容

根元さんの業務内容は薬に関する情報の提供と、情報の収集など薬の管理に関する業務となります。専門性はとても高く、同時に多くの医療従事者をはじめ、他分野の人とも接していく必要があるのでコミュニケーション能力が必要とされていきます。

過去の経緯

企業の薬剤師として正社員としての経験がある根元さんは、その経験を活かして今の職場に滞在をしています。期間つきではあるのですが、医薬品に関して最前線で仕事をしていけることに大きなやりがいを感じているようです。

将来の目標

最終的には正社員を目指しています。正社員になりより深い部分までかかわっていきたいというのが根元さんの本音です。派遣社員でも可能なのですが、やはり期間が決まっているというのが根元さんの中でちょっとした壁になってしまっており、仕事ができなくなるかもという不安はあるようです。

休日の過ごし方

派遣社員ではありますが、比較的休日は少ないようです。休日があっても仕事の処理などに追われることが多いとのことでした。ただ、やりがいを感じているためそこまで苦ではないとのことです。

まとめ

企業で派遣社員として活躍する薬剤師は意外にも多くいます。そこから正社員になれる人というのはそこまで多くはないのですが目指すことで技術の研鑽をすることもできるので、薬剤師としてのレベルアップの場としてはピッタリとなるでしょう。

ページの上部へ