薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣社員で薬剤師の坂口さんの場合(年齢 28歳、役職 一般社員、住所エリア 福岡)

給与、待遇面

薬剤師としての年収は200万円ほどとなります。派遣社員ということで福利厚生などは正社員に比べて規模は小さく、ボーナスなどもない状況です。仕事をする日数はそれほど多くない状況であり、薬剤師として経験をつみながら、坂口さん自身、興味のある活動をしながら、ちゃっかりともっと良い条件での薬剤師派遣案件を探している状況となります。

業務内容

ドラッグストアでの派遣社員としての仕事になりますが、業務内容は正社員とほとんど変わりません。責任も当然発生し、大切な業務も任されることもあります。薬の管理や、お客様に対する指導も行ないますが、店内の掃除や、簡単な運搬なども行なうので、体力的なものもしっかりしていないとできないような業務内容となっています。

過去の経緯

薬剤師として経験を積んでいきたいと思っていたようですが、坂口さんは他にもやりたいことがあり、今はそれにも時間を費やしているようです。そのため現状の派遣社員としての勤務体制が最も都合が良いものになっているということでした。今後薬剤師として活動をしていくのかどうかということも真剣に考えていかなければいけないと坂口さんは話をしていました。

将来の目標

今自分が夢中になっている活動と、薬剤師としての仕事の両立をしていければ一番良いということですが、それが難しくなった場合、どちらかに決めないといけないということです。もし薬剤師として仕事をしていくのであれば正社員としての求人を探していくことになると坂口さんは感じています。

休日の過ごし方

薬剤師の仕事がない日を休日としているため、休日自体は多くあります。ただ、その日は他の活動で時間を使っているため、いわゆる休日らしい休日というのはないことになります。ただ、それでも自分のために時間を使うことができているため不満はないということでした。

まとめ

別の目的がある場合、何か違う活動をしていきながら薬剤師として仕事をしていきたい場合、派遣社員での仕事というのは大きなメリットがあると言えるでしょう。目的がハッキリしているのであれば無理に正社員として仕事をしなくても良いというのは坂口さんが示してくれています。逆にそうでない場合には、正社員のほうがメリットは当然大きくあるでしょう。

ページの上部へ