薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣社員で薬剤師の宮本さんの場合(年齢 29歳、役職 一般社員、住所エリア 埼玉)

給与、待遇面

宮本さんの年収は350万円ほどとなりますが、派遣社員ということで、休日は比較的多いようです。宮本さん自身、休日と仕事の両立をすることができ今の状況に大きな不満を抱いていることはありません。このように宮本さんがピタっとハマる事ができたのは『薬剤師転職Navi』を利用した際のエージェントの助言による所が多いそうです。
派遣社員ではありますが、薬剤師としての役割はしっかりとしており、その責務を果たすことにやりがいを感 じることができているようです。

業務内容

宮本さんは薬局の派遣社員として仕事をしていますが、派遣社員と正社員とで差は業務内容上ではほとんどないようです。重要な仕事を任されることもあり、調合や薬の指導、服薬管理への助言も適切に業務として行なっています。業務内容に不満を感じていることはないようです。

過去の経緯

正社員で一度仕事をしていたのですが、家庭の事情によって派遣社員として仕事をし、今に至ります。派遣社員で給料自体は下がってしまっていますが、家庭との両立を図ることができていることを考えると派遣社員という働き方もありというのが宮本さんの気持ちとなります。ただ、正社員として仕事をすることができれば一番という気持ちはあるようです。

将来の目標

しばらくはこの働き方でしっかりと仕事をしていきたいとのことです。家庭の状況が落ち着いてきた際には正社員を視野に入れていきたいということでした。将来の目標としては正社員になることと言えます。

休日の過ごし方

休日は比較的多くあるため、自分の時間と家族への時間でバランスをとりながら過ごしています。プライベートで勉強会にいくこともあれば、家族サービスとして一緒に出かけることもあります。休日自体はとても充実をしていて、派遣社員の魅力の1つであるということです。

まとめ

派遣社員にも大きなメリットがあり、個人の事情によってはベストな働き方になると言えます。安定性を求めるのであれば正社員のほうがメリットはありますが、そこは個人によって価値観が違ってくるので、宮本さんのような仕事の仕方もあるということは知っておくと良いと言えます。

ページの上部へ