薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

正社員で薬剤師の鈴木さんの場合(年齢 27歳、役職 一般社員、住所エリア 神奈川)

給与、待遇面

鈴木さんの年収は400万円ほどであり、一般的な薬局での薬剤師業務をしています。鈴木さんは、年収よりも正社員として定期的に研修を受けていける環境、自分を高めていける環境に大きな魅力を感じているようです。スキルアップや、キャリア形成をしていく上でメリットの多い職場として長期的に仕事をしていきたいと考えています。
鈴木さんはさらなる条件のアップを目論んで転職サイトのチェックは欠かさないという事です。

業務内容

薬局での薬の調合、そして処方が大きな業務となります。ただ、それだけではなく薬の説明や相談を行なうこともあり接客の技術も必要とする職場であるようです。もちろん調合や処方に関しては責任性が強くあり、気の抜けない業務ではあり、その分やりがいもあるようです。

過去の経緯

一時、アルバイト、派遣社員として仕事をしていた鈴木さんですが、派遣などであるとその場限りの仕事になってしまうことに疑問を感じ、長期的にかかわっていくためには正社員の道が一番の近道と考え、現在の正社員の職に就いています。

将来の目標

将来はやはり責任ある立場に立って、指導者や管理者などの仕事もしてみたいとのことです。鈴木さんは「自分はまだまだ未熟」と考えているようであり、どんどんスキルアップをしていきたいとも考えているようです。また同時に、自分独自の薬剤師の価値観などもしっかりと作っていき、職場にとって唯一無二の存在になりたいということでした。

休日の過ごし方

休日は安定的にあり、週に二日は休みをもらうことができています。その甲斐もあって、負担なく仕事を続けていくことができています。休みの日にはショッピングに行ったり、友達と外食、レジャーを楽しむことが多くあるということでした。もちろん研修などにも積極的に参加をしています。

まとめ

正社員であることで、長くその職場で仕事をしていることに関して鈴木さんは大きな魅力を感じているようです。こだわりを持っていきたいという人にとって正社員というのは魅力的に写っていくのでしょう。

ページの上部へ