薬剤師として働くには、派遣社員と正社員ではどちらが良いのかを検証しました。就職、転職活動をする前に参考にしてください。

派遣での薬剤師の現状について

◆概要

派遣の薬剤師として活躍をする薬剤師は決して少なくありません。というのも薬剤師の派遣社員というのは資格があれば比較的多くの場所で受け入れをしてくれるため、正社員として仕事をする時間がない、都合がない人にとって働きやすいスタイルになっていることも多いからです。しかし、正社員に比べて立場が不安定になったり、契約が切れてしまった場合、職場で仕事をしていくことができなくなってしまうなどのデメリットもあります。

◆現状

現状として薬剤師の派遣社員、契約社員は多くいます。求人が多いのも影響をしていますが、一定の期間仕事をして、一定の期間休むことができる生活スタイルに魅力を感じる人が多くいることが強く影響しているでしょう。またアルバイトに比べると待遇が良いこともあり、自分の生活と収入のバランスを取りたいと思っている人が派遣の薬剤師として活躍をしている傾向にあります。

◆給与面の平均

薬剤師の給与の平均は・・・

派遣薬剤師の平均的な給与というのは年収として300万円から600万円であることが多いです。非常に幅が広いことになりますが、これは勤務地、勤務状況によって大きなばらつきがあるからと言えます。個人によって年収の幅に大きな差が出てくるのも派遣社員の特徴であると言えるでしょう。この年収には福利厚生が含まれている場合もあれば、含まれていない場合もあります。職場によって大きく変わってくるため、派遣社員として仕事をしていく場合確認が必要不可欠となります。

◆業務の内容

派遣薬剤師の業務内容は、正社員と大きく変わらないことがほとんどです。派遣社員から正社員かによって業務が変化するというよりも、職場(薬局なのかドラッグストアかによって)による変化のほうが大きいと言えます。ただ、どのような職場であっても、薬に対する専門家という立場は変わらないので、調合、薬に関する説明をしていく立場になると言えます。

◆将来の展望

派遣社員はその自由な仕事の仕方から人気が大きい傾向があります。しかし正社員でないということから、いつどのようなところで仕事がなくなるのかわからない不安定さもあります。ただ、専門性が高いため、他の派遣社員のようにいきなり「派遣切り」のようなものに遭遇してしまう可能性は低いでしょう。それであっても将来的には正社員を目指したほうが安定という意味ではメリットは大きいと言えます。

派遣の人の現状はこちら

正社員での薬剤師の現状について

◆概要

薬剤師として正社員をもとめ求人活動をしている人は多くいます。また求人自体も多いため、就職そのものはそれほど難しくはありません。正社員として薬剤師の仕事をしていけるようになると安定した職場で、安定したスキルアップを図ることがしやすくなり、派遣やアルバイトなどでは得られにくい「自己研鑽」というメリットを多く得ることができる傾向にあります。

◆現状

求人は多いものの、その後のスキルアップ、給与アップに苦労している人は多い現状にあります。医療職の宿命ではありますが、職場の雰囲気が合わないということで転職を多くしていく人もいます。正社員ということであり1つの職場にとどまっていくことが当然多くなるのですが、その分職場の雰囲気が悪いと薬剤師として仕事をしていくことが極端に難しくなってしまいがちです。薬剤師の職場は、職場によっては外の社会と触れる機会が少なくなってしまい、職場の中の人間関係が重要になる場合が多いです。

◆給与面の平均

正社員であるため、収入は比較的安定している場合が多いです。また福利厚生などがしっかりしている職場がほとんどであり、ボーナスなどもしっかりされているケースが多いです。平均的な年収は500万円から600万円と言えます。ただ、管理職になることで1000万円ほどの年収を期待することができる場合もあります。一般的に製薬会社などであると年収が伸びやすい傾向にあります。

◆業務の内容

薬剤師の業務内容というのは大きな広がりを見せています。病院や薬局で処方箋に基づき薬の安全な活用の仕方、管理の仕方を指導することから治験にかかわる仕事、薬の開発や営業にかかわる仕事を行なう場合もあります。最近ではドラッグストアで薬の指導、紹介などをする薬剤師も増えてきています。

◆将来の展望

将来の展望は明るいと言えます。正社員であることから安定した収入を得やすいと言えるでしょう。一方で高い専門性を求められることも事実であるため、薬剤師の広がりを見せる業務内容にしっかりと対応していく柔軟性も必要になるでしょう。興味関心があれば未来は明るいと言えます。

正社員の人の現状はこちら

ページの上部へ